新宿にはいろいろな賃貸事務所があります

賃貸事務所のメリット

特に起業したての人は購入するより借りる方が断然良いようで、賃貸事務所の場合最大のメリットとして身軽に変化に対応することができることにあります。
事務所を購入すると資産として残せるのでそれなりにメリットはありますが、起業して経営がうまくいきだしてからにした方が良いようです。
知り合いの不動産業者の社長は事務所ビルを購入していますが、不動産資産として残す目的があったり減価償却費などを計上できるメリットがあると言っています。
知り合いの社長はローンで購入していて支払いが終わると、資産として残すことができるので家族のために購入したと言っています。
景気状況によって売却益が出るケースもあるので、場合によっては良い時期に売却するかもしれないと言っていました。
社長の考えでは賃貸になると資産として残らないので、経営がうまくいっているなら購入も良いだろうという意見です。
但し、その社長も起業した当時は賃貸事務所で運営していて、5年ほど仕事がうまくいくまで借りていたそうです。
社長の話では賃貸にはいろいろなメリットがあり、例えば初期費用を軽減することができます。
購入すると頭金などのいろいろな諸経費が必要になりますが、賃貸はかなりコストを抑えることが可能です。
建物の管理や清掃などはオーナーや管理会社が実行してくれるので、特に管理する必要がなくいつもきれいな状態で利用することができたそうです。
購入すると最終的に資産で残すことができますが、身動きがとりにくくなったり引越ししたくてもできなくなったそうです。

起業初期は賃貸事務所がオススメ賃貸事務所のメリット賃貸事務所の懸念点